多様性と平等性

KBNは、平等性を促進し、差別を排除するように努めている。これらの取り組みには、性別、障害、国籍、宗教、性的指向、年齢を含む。

男女の比率を維持し、多様性を高めるために、取締役会は、多様性と平等性の一般的なガイドラインを認可し、2016年に実施された。

多様性と平等性の推進は、人材登用、経営管理、従業員育成、後継者育成のための基本的要件となる。

KBNの目的は、全ての組織レベルおよび部署内において、男女比率を40%以上に達成することである。

  • 新たな従業員を募集する場合、最終的な選考が行われる前に、最も優秀な女性と男性を選ぶ必要がある。
  • 外部の人材派遣会社を利用する場合、KBNは男女共に、優秀な候補者を選んだ実績の高い業者を選ぶ必要がある。
  • 経営部門および各部署を編成する際は、適切な男女比率を維持する必要がある。