フロスタ市の給水事業

Green projects
多くの人々は、水の供給が停止したり、水質が悪くなるとはめったに思わない。しかしながら、ノルウェーの給水設備や配管における補修工事の必要性は急務である。KBNは当分野の専門家ではないがグリーン融資金利を通じて補修工事の費用を融資するという点で貢献が可能である。

フロスタ市は、トロンハイムフィヨルドの真ん中に位置する半島であり、東側にはレヴァンゲル市が隣接する。その肥沃な土地と恵まれた気候により、トロンハイムの「緑の庭園」と呼ばれている。だが、緑の庭園には水が必要であり、そのためには機能性の高い給水設備が必要である。そこでフロスタ市の住民2500人への安全な給水を確保するため、フロスタヴァスヴァルクALは、古くなった水道管の補修プロジェクトを開始した。当該市の事務総長であるビョルン・ストウウェル氏は述べる。これはKBNのグリーン金利要件を満たすため、グリーン融資プログラムを通じで1.5百万クローネの借入を行った

今回の借入で節約できる金利は、16,000クローネと多くはないが、我々はあらゆる分野において環境への配慮を意識しているため、我々および株主にとってグリーン金利のもたらす効果は非常に重要である

地方自治体にとって、予想可能で長期に調達できる融資手段を持つことは非常に重要である。給水設備の保全と補修のためのグリーン金利を通じた融資の可能性があることは、経営者および利用者にとって有益である