ベルゲン市電

Green projects
ノルウェー地方金融公社(KBN)は、ベルゲンの市電敷設工事にかかる資金の融資を行った。当案件は、温室効果ガス排出軽減を目的としているため、「グリーン金利」が適用される。

融資総額は4.2十億クローネ(約7億米ドル)となり、KBNによるグリーン債券プログラムの「温室効果ガス排出を軽減するための案件」に該当する。近代的なベルゲン市電の敷設を通じて新たなライトレール軌道ができることで、温室効果ガス排出が低減されるだけでなく、さらには、市電の利用により地域住民が環境保全を意識することにもつながり、環境保全の重要な役割を果たすことが可能となる。 本鉄道の敷設により排ガス排出量および交通騒音の低減にもつながる。

ノルウェーの中央部に位置するオーベルハッラ市は、建築基準の観点から、エネルギーと気候変動対策における新境地を開くこととなり、ノルウェー地方金融公社(以下、KBN)の「グリーン金利」による融資を受けるノルウェー初の建設プロジェクトを施行した。