ホイオス生活およびリハビリテーションセンター

KBNは、かかる新しい棟をグリーン融資金利により融資した。

オッペゴール市のホイオス生活およびリハビリテーションセンターには、認知症ケアおよび外来病棟の部門がある。さらに多くの入居者を受け入れるため、かかるセンターでは、2014年に省エネ住宅基準に基づく新たな棟が建設され、施設が拡張された。入居者に関する情報に簡単にアクセスができるタッチパネルであるeRoomが、すべての部屋に使用されている。ホイオスは、地熱エネルギーにより暖められる市内で初めての建物である。KBNは、かかる新しい棟をグリーン融資金利により融資した。