欧州への入口

東ノルウェーの中心部に位置する、ラルヴィック港は、陸海運の主要拠点となる。ラルヴィックフィヨルドのわかりやすい航行指示のおかげで、ラルヴィックは、理想的且つ効率的な港と呼ばれるようになった。現在、本港は拡張工事中である。

モダンな施設と、中央にある立地条件からアクセスが便利であることにより、ラルヴィック港は、陸海運の重要かつ適切な主要拠点となっている。ノルウェーでは2番目に大きなコンテナ港となり、2014年には1.85百万トンの貨物すなわち20フィートコンテナ65,000個分の貨物の積み下ろしがなされた。2014年には、56.2百万クローネの売上を計上した。

 壮観な貨物輸送

KBNの一部融資による新しいクレーンによる壮観な貨物輸送をご覧ください。