オッペゴール市の電化事業

Green projects
オッペゴール市は、さらに環境に配慮した事業を試みたいと考え、自宅介護サービス向けに29台の電気自動車の購入に対し投資を行った。これは当該市の気候環境計画の一部となる。

電気自動車の利用により、移動が便利となり、空間利用が可能となり、快適さが増した。訪問家庭と市役所との距離はそれほど長くないため、多くのの在宅サービスを電気自動車で行うことが可能となる。

費用は一台につき25万クローネとなり、KBNがこれに融資を行った。予算では現状と比べて、年間80万クローネが節約できることになる