財務活動

KBNの保守的なリスク・プロファイルにおいては、貸付、流動性管理および資金調達活動から生じるすべての金利リスクおよび為替リスクは完全にヘッジされていることが求められている。デリバティブは、ヘッジ目的にのみ用いられる。

KBNは、常に十分な流動性を確保するために、流動性資産ポートフォリオを保有している。財務ガイドラインに基づき、流動性資産ポートフォリオは、常に貸付金の増加分を含む12ヶ月分の純資産需要額に相当しなければならない。これは、一般的に流動性資産がバランスシート全体の約30%を占めていることを意味する。

流動性資産ポートフォリオは、約20十億米ドルに達しており、地方政府および地方自治体、国際機関、政府機関および金融機関によって発行された高格付の債券および変動利付債券ならびにこれらの機関への預金で構成される。最低の格付要件は、スタンダード&プアーズおよびムーディーズにおいてそれぞれA/A2である。

流動性資産ポートフォリオは、与えられた信用枠、財務ガイドラインおよび内部戦略の範囲内で管理および最適化されている。流動性資産ポートフォリオの半分近くは、現在米ドルおよびユーロ建ての変動金利のノートおよび債券に投資されており、残りはその他様々な通貨に投資されている。KBNの基準通貨であるユーロ、ノルウェー・クローネおよび米ドル以外の通貨による投資は、為替リスクや金利リスクを避けるため、3ヶ月の変動金利にて基準通貨の一つにスワップされる。

現在、流動性資産ポートフォリオの平均残存期間は、1年より少し長い。

すべての新たなカウンターパーティーおよび商品は、信用管理委員会から承認を受けなければならない。